港湾運送業務とは

海陸運送の接点となる港湾荷役として、【コンテナターミナル業務】【在来船業務】【バンプール業務】【コンテナメンテナンス業務】を行っています。
門菱港運は、セミコンテナ船を含め、西日本の主要港である関門地区を基盤とした港湾運送業者であり、より多くのお客様からの信頼を頂けるよう、日々、安全への取り組みを強化し、安全安心なサービスをご提供しております。

太刀浦第1CY

コンテナターミナル業務

門菱港運は、九州の最北端に位置する太刀浦CYのオペレータとして、船舶からのコンテナの積卸、保管、受渡し等のコンテナターミナル業務を行っています。生活用品や食料品、衣類品、化学品、機械類などが納められた国際規格のコンテナを大切にお預かりし、お客様にスムーズに受渡しいたします。
太刀浦第1・2CYにて管理しているコンテナにつきましては、【門司港コンテナターミナル貨物情報サービス】を活用し、コンテナの受け取りから船積みまでの輸出作業、本船荷揚げから引渡しまでの輸入作業におけるオペレータ業務の効率化を図るとともに、インターネットでコンテナの状況がご確認いただけるようになっています。
その他、6,200㎡の実入りコンテナ荷捌き地や8台のコンテナ取扱い大型荷役機器など、充実した設備・施設を保有しています。

コンテナターミナル風景
コンテナターミナル風景

在来船業務

関門港(門司港・下関港)で唯一の定期在来船荷役から得た豊富なノウハウを生かし、重量物プラント荷役から、小口のカートン、バラ荷役まで取扱い貨物の種類は様々で、あらゆるニーズにお応えしています。自社では輸送が困難な貨物などがございましたら、貨物の種類を問わずご相談ください。

在来船
在来船

バンプール業務

海上コンテナを輸入・輸出する際は、通常、船会社のコンテナを使って貨物の移送を行いますが、その空コンテナを管理することがバンプール業務です。
門菱港運では、24,000㎡のバンプール面積を保有しており、各社の空コンテナの受取り、保管、受け渡し、ダメージ修理などを行っています。

  蔵置能力 リフト 取扱船社
第1バンプール
(16岸)
1600TEU サイドリフター
(2台)
AMERICAN PRESIDENT LINES,LTD.
ANL
CNC LINE
CK LINE CO.,LTD.
CMA CGM
DELMAS
DONGYOUNG SHIPPING CO.LTD.
HYUNDAI MERCHANT MARINE CO.,LTD.
HAPAG-LLOYD K.K.
INTERASIA LINES,LTD.
MARIANA EXPRESS LINES.
PAN CONTINENTAL SHIPPING CO.,LTD.
T.S. LINES LTD.
YANGMING MARINE TRANSPORT CORPORATION.
第2バンプール 300TEU サイドリフター
(1台)
MAERSK LINE
MCC TRANSPORT
SAFMARINE CONTAINER LINES
1岸バンプール 1000TEU サイドリフター
(1台)
フォークリフト
(1台)
MITSUI O.S.K. LINES,LTD.
バンプール
バンプール

コンテナメンテナンス業務

輸入貨物等の搬出されたコンテナが各バンプールに返却された後、ゲートクラークによる綿密なチェックを実施します。外部、内部に損傷があった場合はメンテナンスチームによって修理を行います。門菱港運のメンテナンス技術は、多くのお客様から「安心して貨物を積載できる」と高い評価・信頼をいただいております。

コンテナメンテナンス
コンテナメンテナンス

お問い合わせ先

港湾運送業務に関する
お問い合わせ・ご相談は

TEL

093-331-8347

お電話での受付は
月~金曜の09:00~17:00
とさせていただいております。