輸出貨物取扱業務とは

世界各国へ荷物を輸出するにあたって、お客さまごとの事情にあわせて、陸・海・空路を駆使した安全・確実かつ効率的な総合物流を企画し、海貨業(乙仲)専門スタッフが船積書類作成や梱包、輸送・コンテナ詰作業等の手配を行います。
門菱港運は、大型の荷物や特殊物などの輸出も得意としており、プラント貨物から化学製品、工業製品、食品や雑貨まで取り扱いをご依頼いただいております。

輸出イメージ

輸出貨物取扱業務の内容

物流手段の手配

輸出貨物の内容や、輸出先国等の条件にあわせて、最も効率的な方法を選択し、スケジュールの調整を行います。

梱包業務

製品特性、物流条件に適した、効率的な梱包方法をご提案いたします。

Case

ケース梱包(Case)

Crate

クレート梱包(Crate)

Skid

スキッド梱包(Skid)

Pallet

パレット梱包(Pallet)

Carton

カートン梱包(Carton)

Bundle

バンドル梱包(Bundle)

Barrier

バリア梱包(Barrier)

Tri-Wall

トライオール梱包(Tri-Wall)

Steel

スチール梱包(Steel)

必要書類の作成

輸出に必要な書類の手配をいたします。詳しくは【通関業務】のページをご参照ください。

貨物を輸出するために必要な手続き

  1. 輸出梱包の要否を決めてください。
    (梱包が必要な場合はご依頼ください。)
  2. 輸出先国側の事情により、日本側で必要な検査・書類がある場合は、輸入者様と打合せをお願いいたします。
    (各種検疫、船積前検査等)
  3. お客様から貨物を出荷する方法について、打合せをお願いいたします。
  4. 仕入書(invoice)、包装明細書(Packing List)、船積指図書(Shipping Instruction)をご用意ください。
  5. 輸出通関にあたり、商品の詳細について質問をさせていただいたり、必要に応じて書類・資料のご提示をお願いする事があります。
  6. 船積が完了され次第、船荷証券(Bill of Lading:B/L)が発行されます。

海外への輸出をご検討中のお客様へ

輸出イメージ

アジアとの距離が近いという地理上の特性から、関門港(門司港・下関港)・博多港・九州各港を拠点にアジア向けもしくはアジア経由で世界各国への輸出をお考えの商社様やメーカー様、あるいは、新たに関門港(門司港・下関港)・博多港・九州各港での船積をお考えで当地にあまりお詳しくない海貨業者様など、輸出手段をご検討中のお客様は、右のお問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

輸出貨物取扱業務に関する
お問い合わせ・ご相談は

TEL

093-321-8332

お電話での受付は
月~金曜の09:00~17:00
とさせていただいております。