船舶代理店業務とは

主に関門港に寄港する船舶がスムーズに入出港できるように各官庁(税関、港湾空港局、検疫所、入国管理局、海上保安庁など)への行政手続きを船会社に代わって迅速に行ったり、港における船舶の安全な航行のサポート、さらには、輸出入に関するお問い合わせへの対応などを行っています。
門菱港運は、門司港における代理店業務では50年以上の実績があり、現在、主に定期船ではCK LINE(天敬海運)YANG MING LINE(陽明海運)、関門通峡の手配では、MAERSK LINE、その他在来船、不定期船の各船社と代理店契約を結んでいます。

MAERSK LINE
YANG MING LINE
CK LINE SKYDUKE
CK LINE CHUNGHAK

船舶代理店業務の内容

本船入出港手続き

本船入港前日までに、各官庁との手続きを行い、動静を確認し、船会社や前港代理店と打ち合わせを行い、船長と次港代理店にスケジュールをeメールやテレックスで知らせます。

本船入出港

本船が入港すると、本船に乗船し、船長と出港時間、次港のスケジュールなどを確認します。また船のコンディションなどを、 船会社に連絡します。

代理店業務の説明図

月間航路スケジュール(2020年11月)

月毎の航路スケジュールをPDFファイルで掲載しています。

 

Adobe Readerをダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
ご利用の端末にインストールされていない場合は、
こちらよりダウンロードし、インストールしてください。

新たな物流ルートをご検討中のお客様へ

中国、韓国、台湾、香港、東南アジア各国への輸出入を検討しているものの、物流手段の調達でお困りというお客様へ、アジアを中心とした各地にネットワークを持つ門菱港運へぜひご相談ください。弊社は関門地区のみならず全国各地で業務を行う事が可能であり、お客様にとって最適な物流システムをご提案させていただきます。
右の問い合わせ先へご連絡ください。

お問い合わせ先

船舶代理店業務に関する
お問い合わせ・ご相談は

TEL

093-331-3038

お電話での受付は
月~金曜の09:00~17:00
とさせていただいております。