沿革

1918年の創業から現在までの沿革をご紹介します。

1918年(大正7年) 樋口組設立、門司港における船内荷役業を社業として発足
1943年(昭和18年) 港湾運送等統制令による企業統合のため業務中断
1950年(昭和25年) 菱親運輸株式会社を設立、戦前の業務を継承再開
1957年(昭和32年) 通関業を開始
1962年(昭和37年) 船舶代理店業を開始
1974年(昭和49年) 社名を現在の「門菱港運株式会社」に変更
1974年(昭和49年) 一般港湾運送事業を開始(三菱倉庫株式会社から譲受)
1976年(昭和51年) 内航運送取扱業を開始
1982年(昭和57年) コンテナ修理業を開始
1990年(平成2年) 自動車運送取扱業を開始
1992年(平成4年) 門司港レトロ事業に伴い本社を現所在地に移転
2000年(平成12年) 港湾労働者派遣事業を開始
2004年(平成16年) 倉庫業を開始(三菱倉庫株式会社から譲受)
2009年(平成21年) 門司税関より特定保税承認者の承認受け
2012年(平成24年) 門司税関より認定通関業者の認定受け